比較 - 自動車保険・選ぶ基準.COM

自動車保険 比較

自動車保険に限らず,
保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,
どの商品を選べば良いのか、
どの会社を選べば良いのか、
などがわからなくなりがちです。

そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,
自動車保険の様々な会社の商品の比較が重要となってきます。

自動車保険を比較することによって,
自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。

最近では,自動車保険の比較は
インターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。

車検証などを目の前に置いて,
簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。

自動車保険の比較のポイントは,
自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,

保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)
をしっかりと見ることです。

また,自動車保険では,
事故にあった場合などのサービスやフォロー,
無料ロードサービスがついているのか

なども重要となってきます。
自動車保険の比較をする時には,
これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。

また,比較的安い保険会社も存在しますので,
安い保険会社を選べば
自動車保険の保険料も安くなるということになります。

安いだけで良いですか?

最近、業界最高を売りにする保険会社がありますが、

良く良く考えてみるとちょっとおかしいと思う事があります。
契約数日本一、
最高益、

これだけで「あれ?」
と思われた方は鋭いですね。

何故か?

契約数と最高益・・・・・成り立つのでしょうか?
契約数が多くなると、

それだけ、何かあった時の支払いリスクも増える訳です、

勿論、事故率が低ければそれでも成り立つ事ですが、
しかし事故を起こしにくい人を選んで契約すること等
勿論、出来るはずはありません。

特に最近は事故の規模自体が大きくなって、
支払う保証金は年々高額になっているはずです。

さて、実は私は以前、交通事故被害者として
補償金の払い渋りを受けた事があります。

ただ、私自身は払い渋りの事実を知っていたので
対処できましたが、実際にはその事実を知らずに、
そんな物だと泣き寝入りしている人がほとんどです。

そこには、まさか自分が事故に合うとは思っていない
と言う事から、
普段そこまで詳しく調べている人が少ない事も原因の一つです。

しかし、表向き、
払える物は調べてでも払いますと言っている保険会社が、
実は、調べた結果がこうですと言って
嘘の報告をして払い渋っていると言う事実がある以上、
もはや、本来なら保険庁で指導なり営業停止処分なり
厳しく対処すべき問題でもあるのです。

では、ここで、
契約するあなたにとって何が問題なのか?

保険会社はあくまでもあなたの代理であると
言う事を考える必要があります。

どう言う事か?
保険会社は保険の契約に従って、
あなたに代わって、被害者と交渉する訳ですが、

別に被害者にとってはそんな事関係ないと言う事です。

被害者はあなたの起こした事故の結果損害を被ったことに変わりがない

特に事故後、加害者のあなたが、
『後はすべて保険会社の任せてますから』
と言って、怪我をさせた相手に何も連絡をしなければ、

逆の立場なら、あなたはどう思いますか?

しかも、そのあなたの代理の保険会社が
嘘をついてまで払い渋りなどしたら・・・

実際、私は払い渋りのための嘘のあまりのひどさと、
事故後、一度も連絡をよこさない加害者に腹が立ち、

裁判所に改めて、起訴を求めました。
加害者は確実に、
その後、車での仕事は出来なくなっているはずです。

保険会社の対応が回り回って契約者に振りかかった結果です。
勿論、本人にも問題はあった訳ですが

ですから、
被害者との交渉はすべて任せて下さいと言う
保険会社は要注意です。

良心的な保険会社なら、
被害者に見舞の連絡ぐらいは直接入れるように
加害者に要請するでしょう。

保険の一括見積もりをした後は、
一度、その保険会社に連絡してみて
しっかり確認した方が良いでしょう。

一括見積もりは


交通事故被害者に対する対処

最近増えているのが、

交通事故を起こして警察の現場検証、事情聴取を受けた後

被害者に対して
「示談の交渉は保険会社の担当者から連絡して貰いますから」
と言ってその場は別れてそのままと言う人

事情聴取の際、別々に話を聞かれ

被害者に於いては余程事故の時にひどい事を言ったりしない限り

加害者に対する処分として寛大な処置を望むとか

厳罰を望まないと言った記述をされるのですが、

実はそこで終わりではないと言う事を知らない人が多いようです。

私の場合もそうですが、事故後、

加害者から一度も連絡なし、

配達途中と言う事でしたが、その会社からも連絡なし

しかも保険会社の担当者は嘘ばかり言ってまともに損害金を払おうとしない。

この場合、被害者は加害者の処分を確認し、更に不起訴の場合だと
変更して加害者の処分を起訴処分に申請しなおすことが出来ます。

そうなった場合、車を職業としている人なら仕事が出来なくなる可能性もあるのです。

自業自得と言えばそれまでですが
ただ、保険会社の対応で心象を悪くされたとすると堪ったものじゃないですよね。

自動車保険を選ぶなら目先の金額だけでなく
そう言ったことも考慮した方が良いと思います。

実際、私の加害者は今失業中らしいです。

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。