最初の担当者に気をつけろ - 自動車保険・選ぶ基準.COM

最初の担当者に気をつけろ

運悪くあなたが交通事故に遭った場合、

現場検証、警察での事情聴取の後、
加害者側の契約保険会社の担当者から連絡があります。

この最初の担当者にはよくよく気を付ける必要があります。

この最初の担当者は、まず、何をするためにあなたと交渉するか?

それは、あなたに支払う保険金を
なるべく自賠責保険の範囲で納めようと画策します。

自賠責保険の範囲、一件に付き120万円

治療費、休業損害、物損、すべて含めてです。
そうすると、120万円なんてあっという間です。

軽いけがなら何とかなるかもしれませんが、
骨折、むち打ち、更に後遺症・・・・・

そうすると、担当者は何を言い出すか?

まず、治療が2〜3カ月に及ぶと、
「そろそろ、わが社の規定では治療を打ち切って頂かなくては・・・」

しかし、日本の国が定める損害保険法にはそんな規定はありません。
従う必要ないのです。

そして、治療のため休業していると、
当然、生活が苦しくなります。

昔は、その救済処置として
自賠責保険の仮払いや内払いの制度が用意されていたのですが、

何故か法律が改悪され、廃止されました。
ただ、任意保険が各社でそれに代わる制度を用意しているのですが、

担当者に問い合わせると保険会社によっては
そんな制度わが社では用意していません、と答えます。

あなたを経済的に追い詰め、
自分たちの提示した最低限の額で示談に応じさせようとする悪意に満ちた手です。

ただ、これは、そう言った事を知らない被害者に対して行われることで
その為、知らずにそんな物と思って示談している被害者も少なくありません。

ところが、ここで、そう言った事に関して納得せず、調べ
知識を持って問い詰めると相手はまず危機感を感じます。

事実、私の場合は、さんざん嘘をつく担当者の嘘を記録し
本社のカスタマーセンターに苦情を言った所、
その担当者は外され、上席の人間が新たに担当となりました。

しかも、先方の提示額はいきなり倍に・・・・

私は、交渉の過程で色々調べて知識を付けましたが、
最初からし式があればもっと早く、最初の担当者を更迭出来たかもしれません。

兎に角、あなたが、事故に遭った時には最初の担当者は要注意です。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。