嘘をつく担当者は更迭できる - 自動車保険・選ぶ基準.COM

嘘をつく担当者は更迭できる

嘘をつく担当者は更迭できる。
いきなり過激な書き出しで始まりましたが、
実を言うと私は交通事故被害者であり、
去る平成20年6月28日(土)自転車で横断歩道を横断中
ウィンカーを出さずにいきなり左折してきた軽ワゴン車に跳ねられました。

怪我は幸い左手だけだったのですが、仕事の打ち合わせに行く途中で
仕事の打ち合わせはキャンセル、
土曜日なので万が一を考えて救急車で病院へ、

結局、仕事の内容もあって4カ月休む羽目になりました。

で、休業補償の証明を貰って保険会社の担当者に送った所
半年してから、手書きの証明書はだめ・・・・・
(ドラマや映画の現場の仕事をしているのでそう言う会社もあるんです)
ところが弁護士の先生に聞くと「いえ、日本の法律でも裁判でも立派に通用しますよ」
更に2年前に自賠責保険の内払い金制度が廃止された関係で
各任意保険会社がそれに代わる制度を持っているはずなんですが、
その担当者は『内では用意していません。』

後日新規契約者を装ってその会社の本社に聴いてみました。
本社窓口「ええ、用意してますよ、
契約者の方に負担にならないように任意保険の方でそういう制度を用意しています」

さて如何でしょう。ここまで来るともう立派な詐欺ですよね。

担当者は被害者を経済的に追い詰め低い金額で示談させようと
知らないと思って嘘八百、

被害者が嘘をついて多い金額を受け取ると保険金詐欺なら
これも立派な保険金詐欺ですよね。

払わなきゃいけない保険金を嘘をついて支払わないように持って行ってるわけですから。

しかし、こう言う事実を知ったうえで、本社窓口などに訴え出れば
担当者を変える事は出来ます。

更に仕事柄、政治関係の人にも知り合いはいます。

社会保険庁に一筆書こうと思っています。

幸いこのページ上には案内していない保険会社です。

仮にS・Jとでもしておきましょうか。

皆さんも自動車保険に加盟するときには
安いだけで飛びつかないようにして下さい。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。