自動車保険・選ぶ基準.COM

自動車保険 等級

自動車保険の契約の中で,等級ということばが出てきます。
自動車保険の等級について
よく御存じない方が多いと思うので説明しましょう。

一般的に,私達が自動車保険に加入するときには,
ノンフリート契約という自動車保険で加入することになります。
ノンフリート契約とは,
契約者が所有,または使用する自動車の総台数が
9台以下の自動車保険の契約のことを言います。

1台につき自動車保険1契約となり,
保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。

ちなみに,もしも10台以上であるならば,
フリート契約の自動車保険に加入することになり,
その場合は,全車が自動車保険1契約で
管理されることとなります。

自動車保険において,等級というものはとても重要です。

自分が今何等級で,
等級が変わるとどうなるのかを確認することは,
自動車保険の保険料を考える上でとても大切なことです。

等級があがるときは,毎年1等級ずつ,
下がる時は,1事故3等級ずつです。

例えば,自動車保険の契約を継続・更新する場合には,
1等級の人は50%割増になってしまいます。

反対に,16等級以上の人は60%割引きになります。
自動車保険に新規加入する場合には,6等級からスタートすることとなります。

自動車保険 比較

自動車保険に限らず,
保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,
どの商品を選べば良いのか、
どの会社を選べば良いのか、
などがわからなくなりがちです。

そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,
自動車保険の様々な会社の商品の比較が重要となってきます。

自動車保険を比較することによって,
自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。

最近では,自動車保険の比較は
インターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。

車検証などを目の前に置いて,
簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。

自動車保険の比較のポイントは,
自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,

保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)
をしっかりと見ることです。

また,自動車保険では,
事故にあった場合などのサービスやフォロー,
無料ロードサービスがついているのか

なども重要となってきます。
自動車保険の比較をする時には,
これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。

また,比較的安い保険会社も存在しますので,
安い保険会社を選べば
自動車保険の保険料も安くなるということになります。

被害事故における交渉

最近、よくCMで聞くようになった、
『被害事故の相談もお気軽に』

の言葉の意味を考えた事がありますか?
元々、被害者に対して補償金を払いたくない保険会社、
その保険会社が被害事故の相談、

裏を感じずにはいられません、
しかも、こう言う場合も考えられるのです。

加害者側も同じ保険会社。

さあ、どうでしょう、
もうお分かりですね。

適当なところで
あなたが妥協する方向に話を無理やり持って行き、
支払う保険金を減額する。

であなたは獲れるはずの保証金も取れずに終わってしまう。

では、保険会社が別の場合は・・・・・

結局これも同じ事で、
今回こちらが上手くやるから、

次回こちらが加害者側になった時にはよろしく・・・

ですから、もし、被害事故に遭った場合には、
よく知っている第3者に
間に入って貰うのが一番いいでしょう。

若しくは自分でよく調べておくか、
こう言った、交通事故のマニュアルもあります。
示談交渉を勝ち取れ!裏技慰謝料計算! 赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】

リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。